約400坪の畑

トマトが育つハウスが並んでいます。
2018年には、念願だったトマトジュースの加工施設を作りました。
栽培・加工・販売あで、すべて自分たちの手で作りはじめたトマトジュースを、ペーパン地区にちなんで「ペーパンの雫(しずく)」と名付けました。